ナンピンもやり方次第では利益率は高くなる

By: Mike Mozart

おすすめ副業として人気のFXには、様々なセオリーがあります。それらセオリーの中には、あまり評判が良くないものが見られるのですね。例えばナンピンというセオリーがあります。いわゆる買い下がりや売り上がりなどという表現が用いられる事も多いですが、それは人々からの評判はあまり良くないのですね。むしろ、そのやり方にネガティブなイメージを描いている方も多いでしょう。

ナンピンは、確かにトレンドとは逆の方向での売買をする事になります。ですので一歩間違うと、そのやり方で大きな損が生じてしまう可能性も排除できないのですね。少々怖い一面があるのは確実だと考えます。ところで私の場合は、最近はナンピンで売買を行っています。というよりも、色々な紆余曲折の結果その方法に落ち着いている状況なのですね。

では私の売買成績はどうなったかというと、とても順調な方だと思います。実は今までは、もっと別のやり方で売買をしていたのですね、どうにも上手く行かなかったのですね。自分なりに色々と分析をしてみるのですね、ほとんどが空振り状態になってしまっていました。

ところがナンピンのやり方に変更してみたら、思った以上に上手く行くようになったのですね。それだけで上手くいくようになった理由は、やはりリスクヘッジを徹底しているからだと思います。私が採用しているナンピンのやり方は、リスクは比較的低めになるシステムです。

逆に私がもしもリスクを高めな方法にしていたら、恐らく利益率はかなり低くなっていると思います。今頃は、恐らくFXのマーケットから退場してしまっている事でしょう。この金融商品は、とてもシビアな一面があるのですね。

ですが現実には、その金融商品でコンスタントに稼ぐ事はできています。ですのでやはりナンピンというやり方は、特に間違いではないと思っているのです。ナンピンには良い方法と、悪い方法があります。うまく行けばコンスタントに利益が生じるやり方ですし、よく勉強してみると良いでしょう。

ポジポジ病になってしまった時は何とかして治療するのが大切

By: kimdokhac

“FXでの売買をしている方々は、たまに病気になってしまっています。ただしここでの病気は、リアルなものとは少々異なります。いわゆる金融関連の病気の1つなのですが、人によっては建玉を常に保有していないと気が済まない事があるのです。

例えばある時に建玉を保有して、それで運良く利益が発生したとします。それで決済をして、しばらくの間は休憩を取るのも一法なのですね。ところがトレーダーの方々の中には、そこで休憩を取らない方も見られます。なぜなら、病気になってしまっているからです。

どのような病気かというと、そのような局面でも建玉を保有してしまうのですね。常に建玉を保有していないと、気が済まない方々も見られる訳です。なぜそのような状況に陥ってしまうかと言われれば、やはり精神的な問題でしょう。常に建玉を持っていないと、気持ちが落ち着か無い方も中には見られるのですね。ちょっと禁断症状に近い一面があります。

ちなみにFXの業界では、そのような禁断症状などは、ポジポジ病と呼ばれるケースが多いです。そして、それは厄介な病気の1つなのですね。一旦それに発病してしまいますと、治すのがなかなか困難な病気の1つと言えます。そしてポジポジ病になってしまっている方々の場合は、残念ながら利益率があまり高くありません。むしろかなり低めになっている傾向があるのです。

そもそもこの投資商品では、あまり見込みが無いときには建玉を保有しない方が良い一面があります。うかつに建玉を保有してしまいますと、利益率が下がる傾向があるのです。下がる可能性があるならば、いっそ建玉を保有しない方が望ましいと言えます。

ですが病気の状態なのですから、ついついそれを保有しないと気が済まなくなってしまう訳ですね。ですのでその症状になった時には、やはり何とかして治すのが肝心でしょう。FXでは、とにかく無難なタイミングのみで建玉を保有するのが望ましい一面があります。常時玉を保有するのはあまり良くないので、何とかして治すようにしたいものですね。

米ドルにて一気に4円くらい下がる出来事が発生した

By: Holly Golabek

FXは、突然に大きな動きが発生するのが特徴的です。この投資商品はちょっと怖い一面があるとも考えられるのですね。というのも以前に、次のような出来事があったのです。ある方が、数年前にこの投資商品で売買を行っていました。普段通りに、この投資商品のチャートの画面をぼんやりと見ていたのだそうです。そしてある時突然に、とんでもない大きな動きが発生しました。一気に4円くらいの下落が生じていたのです。ちなみにその方が見ていたチャートは、米ドルだったのですね。

米ドルで4円くらいの下落というのは、確かに非常に大きいと思います。あの外貨の場合は、どれだけ大きくても1円くらい下がるケースが多いのですね。比較的値動きが大人しい方ではあるので、少なくとも4円くらいの急落というのは、かなり異常な事態だったと考えられるでしょう。ではなぜ上記のような状況になってしまったかというと、為替操作をしているあるトレーダーの方々が、間違えてしまったようなのですね。うっかり間違った所を操作してしまった結果、そのような急激な動きが発生してしまったのだそうです。

ちなみにその後に結局どうなったかというと、多少の戻りが発生していたのだそうです。急激な下落が発生した時には、往々にしてリバウンドが発生する事が多いのですが、その時にもやはり急上昇が発生していた訳です。ですので上記の方は、そのリバウンドの上昇によってある程度稼ぐ事ができていたようですね。

つまり、それがFXの怖さの1つという事になります。突然に大きな下落が発生する事によって、急激な損失が生じてしまう可能性もある訳ですね。ですので米ドルでは、かなり大きな動きが発生する事は念頭に入れておくべきでしょう。そうでないと、足元をすくわれてしまう可能性があります。何が起きるか分からないのが、FXという金融商品の特徴の1つですね。まさかの出来事が発生しても問題無いように、色々な局面を考えておく事は必要だと思います。

教材作成補助のサイドビジネスで収入を得る。

By: mira66

個人的な見解はともかくといたしまして、今や副業は隠れてコソコソとするんじゃなくて、堂々と、人に誇れるようなスタイルが人気のようです。だからこそ、今は副業や内職という言い方自体も改正されまして、サイドビジネス、なんてかっこいい言葉も頻繁に使われるようになりました。

アメリカなんかじゃ週末起業なんて言い方もされてるようですな。とにかく、本業以外に収入をゲットするということが、ライフスタイルとして行なわれてる。大したもんです。このサイドビジネスにもいろいろありまして、どれをやるかはその人の興味や能力によるところが大きいようです。

あまり知られていないサイドビジネスに、教材作成の補助というお仕事がございます。これは小学性や学習塾で使われるドリルの問題をつくるんですが、補助というくらいですから、何もないところから一から作り出すというんじゃなくて、もとある問題を見直し、校正するといったチェック作業が主なお仕事になるようです。

でも、こうした教材の編集に携わるというのは、やりがいもあるし、誇りも持てるし、自分のための勉強にもなるし、もしも自分に子どもができたら、子どもに教えることだってできちゃうんですから、一石二鳥とも言える。教材作成の補助のお仕事は、探せばいくらでもございます。まあ、特に国語、算数、社会、英語なんかが得意ですと、採用されやすくなるんじゃないでしょうか。とにかく、ネット検索でもなんでもして、まずは探してみることが肝心ですね。

ホームティーチャーを副業に、という考え方。

By: gemteck1

いちばん筋が通ってると思われますものは、人になにかを教えてそれなりの報酬をいただくということ。いわゆる先生とよばれるお仕事でございます。これはもう、いたるところで活躍されえておりますが、このお仕事を副業として考えた場合、これがけっこう人気なのですね。

なぜ人気なのか。おそらく、先生になること事態が子どものころからの夢だったという人が多いからなのではないでしょうか。でも、実際の話、教師という資格は大学で教職を履修すればその資格は取れますが、いざ採用となると空きがなく、なかなかなることが難しい職業でもございます。だからこそ、その夢を活かすために、ホームティーチャーなどに参加する人が増えたんじゃないでしょうか。

ホームティーチャーと申しますと、英会話の先生なんかが一番多いのではないでしょうかね。大学で英語を学んでいたり、少しあちらの国にいた経験がある方なんかがやっております。また、それ以外にも、小学生低学年クラスを教える先生も、比較的簡単に採用されるケースがありますから、ここはチャレンジしてもいいのではないでしょうか。

とにかく、先生と呼ばれたいと思う方は、やってみればいいと思いますよ。このようなホームティーチャーから始めて、大学の通信教育で教職免許を取るという方法もございます。ようはやる気ですね。これは何につけても言えることでございますが、やる気が一番大切です。好きなことをして収入が入るなら、これに超したことはないんです。でも、真剣にやることが肝心だと言えますが。

主婦のいろいろな空いた時間に出来る副業について

By: Diego Torres Silvestre

現在子育て中のため、まとまった時間をとることが難しく、なんとか副業で少しでもお金を増やせないかと、さまざまな副業をしてみました。現在は、タスク入力の副業で頑張っています。自宅にいると子どもが絡みついてきたり、お世話に追われてなかなかまとまった時間をとれないので、空いた時間に仕事が出来るので、私には一番合っているなと思います。

また、文章を考えたり書くことがもともと好きなので、仕事をしていてとても楽しいです。コツコツと作業することが好きな人にはとても向いているお仕事だと思いました。昔、チャットレディという、サイト内で男性とメールをする副業もしたことがあります。

私には性に合わず、すぐにやめてしまったのですが、メールをする相手が生身の人間のため、相手の求めている目的に合わせて会話をしなければいけませんので、とてもマメで臨機応変に合わせた会話の出来る方には向いているお仕事だと思いました。ポスティングの副業の募集も時々見かけるので、調べてみました。

こちらは自宅の近くを空いた時間にチラシを入れていくお仕事で、ノルマもなく出来高制のため、子どもと散歩がてら自分のペースでお仕事が出来るので、とても今興味がある副業です。募集の数は多くありませんが、まとまった時間のとりづらい人にとっては、魅力的なお仕事だと思います。子どもが小さいうちはなかなか難しいですが、小物を作るお仕事や洋裁のお仕事などの求人もよくみかけます。

細かい手作業が好きなので、そういう人にとっては楽しんでお仕事が出来ると思いますが、ノルマも厳しいところが多く、同じ物を何個も作るという、短時間で出来ないことも多いので、小さな子どもによるイタズラや誤飲などの心配のない方で、手作業の得意な方にとっては、とても良いお仕事だと思います。