米ドルにて一気に4円くらい下がる出来事が発生した

By: Holly Golabek

FXは、突然に大きな動きが発生するのが特徴的です。この投資商品はちょっと怖い一面があるとも考えられるのですね。というのも以前に、次のような出来事があったのです。ある方が、数年前にこの投資商品で売買を行っていました。普段通りに、この投資商品のチャートの画面をぼんやりと見ていたのだそうです。そしてある時突然に、とんでもない大きな動きが発生しました。一気に4円くらいの下落が生じていたのです。ちなみにその方が見ていたチャートは、米ドルだったのですね。

米ドルで4円くらいの下落というのは、確かに非常に大きいと思います。あの外貨の場合は、どれだけ大きくても1円くらい下がるケースが多いのですね。比較的値動きが大人しい方ではあるので、少なくとも4円くらいの急落というのは、かなり異常な事態だったと考えられるでしょう。ではなぜ上記のような状況になってしまったかというと、為替操作をしているあるトレーダーの方々が、間違えてしまったようなのですね。うっかり間違った所を操作してしまった結果、そのような急激な動きが発生してしまったのだそうです。

ちなみにその後に結局どうなったかというと、多少の戻りが発生していたのだそうです。急激な下落が発生した時には、往々にしてリバウンドが発生する事が多いのですが、その時にもやはり急上昇が発生していた訳です。ですので上記の方は、そのリバウンドの上昇によってある程度稼ぐ事ができていたようですね。

つまり、それがFXの怖さの1つという事になります。突然に大きな下落が発生する事によって、急激な損失が生じてしまう可能性もある訳ですね。ですので米ドルでは、かなり大きな動きが発生する事は念頭に入れておくべきでしょう。そうでないと、足元をすくわれてしまう可能性があります。何が起きるか分からないのが、FXという金融商品の特徴の1つですね。まさかの出来事が発生しても問題無いように、色々な局面を考えておく事は必要だと思います。